アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカードSIM2Flyを利用してみた!(韓国編)

海外でも日本と変わらずにスマホでネットに繋がる時代となった昨今ですがいろいろな方法で海外用SIMの購入が出来ます。

 

今回はアマゾンでアジア 14ヶ国利用可能 データ通信専用プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Flyというsimカードを購入、利用してみましたのでレポートします。

sim-ti

 

スポンサードリンク


 

 

 

こちらのSIMカードですが14カ国で対応している優れものです!

しかも値段も送料込みでお急ぎ便でも1580円と格安です!(データ量4GBで8日間利用可能)

 

 
海外でのSIMカードを使用する場合は必ずSIMフリーのスマホ端末が必要になります。

日本国内のdocomo、au、Softbankの端末は基本的にSIMロックされていますので、SIMロック解除を行うか、予めSIMフリー端末を購入する必要があります。

 

⇓TIオススメのSIMフリー端末です。

VAIOスマホカッコイイです!

 

 

 

 

今回要したSIMカードはタイの3大通信会社の最大手であるAIS社(Advanced Information Service Public Company)の高速データ通信プリペイドカードです。 使用開始から8日間有効で、通信使用量が4GBまでは4G(LTE)あるいは3Gの通信速度でインターネット接続します。4GBの通信量をオーバーしても128kbpsで接続できます。
日本だけでなく、韓国・台湾・シンガポール・オーストラリア・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・ネパールで利用できます。

 

合計14もの国・地域をカバーするので、アジア諸国やオーストラリアを周遊する旅行者にはとても便利なプリペイドSIMカードです(※注意1)。

日本ではソフトバンク回線を利用します(Softbank LTE Band : B1,B3,B8,B28 )。

※注意1:各国の通信事業者によって使用している周波数が異なります。お客様がご使用されるスマートフォン、モバイルルーター等が、使用される通信事業者の周波数に対応されているかを事前に確認されることをおすすめいたします。また、通信品質はローミング先の通信環境により影響を受けます
旅行当日から日本でも利用できます。また、訪日外国人のお友達などにも利用していただけます。イベントや実験の時などでネットワークを短期間だけ確保した場合にも重宝します。

SIMカードのサイズは、標準、マイクロ、ナノの3つに対応します。カードに切り込み線が入っており、必要サイズに切り込み線に沿ってご自身でカットしていただくタイプです。

 

SIM-TI

 

 

 

今回は韓国旅行の際に使用。

予め日本で設定できるとの事で早速設定をしてみました。

購入すると分かりやすいマニュアルが入ってきますので安心です。

SIM-TI

 

 

 

設定は簡単です。

名前を AIS にして APNを internet にします。

SIM-TI

 

 

認証コードを CHAP に設定します。

SIM-TI

 

 

簡単にセット完了です。

SIM-TI

 

 

すると日本でもアッという間にソフトバンクの電波をチャッチ。

回線が使用できるようになったメッセージが入ってきます。

タイの通信会社のカードですのでまずタイ語で入ってきます。

さすがにTIもタイ語は分かりません・・・

SIM-TI

 

 

安心して下さい。その後英語のメッセージが入ってきます。

SIM-TI

 

 

⇓韓国ではLTEの電波をキャッチしました。

SIM-TI

 

 

韓国LTEの通信速度をテストしてみました。

上り4.9M 下り9.3M と快適な通信速度です。

SIM-TI

 

 

 

このSIMカードですが海外旅行でデータを全部使えなくても日本に帰ってきてからも使用でき最後まで(8日間4GB)使用出来てしまうのが素晴らしい処です。

もしこのSIMカードの対応の国へ旅行へ行かれる方はオススメですので一度利用してみて下さい(^^)/

TIはリピートで早速購入してしまいました~


スポンサードリンク